Vision Edition-C(COBOTTA内蔵モデル) | 概要 FAソリューション

Vision Edition-Cはキヤノンの画像処理ソフト「Vision Edition」をCOBOTTAに内蔵できるようにしたCOBOTTA専用モデルです。
COBOTTAの制御と画像処理の両方を一つのソフトウエア上で行うことができます。

  • デンソーウェーブ株式会社からの販売となりますので、ご注意ください。

基本情報

Vision Edition-C

商品コード:
  • デンソーウェーブ株式会社からの販売となりますので、ご注意ください。
本体標準価格:
  • デンソーウェーブ株式会社からの販売となりますので、ご注意ください。

商品紹介

おもな特長

COBOTTAの制御と画像処理を一つのソフトウエアで実現

Vision Edition-Cはキヤノンの画像処理ソフト「Vision Edition」をCOBOTTAに内蔵できるようにしたCOBOTTA専用モデルです。COBOTTAの制御と画像処理の両方を一つのソフトウェア上で行うことができます。

様々な画処理エンジンをパッケージ化

マッチング機能はもちろん、エッジ検出やブロブ検出などの検査系機能からバーコードやQRコードを読み取る点検系機能まで豊富な画像処理機能を搭載しています。用途に合わせて必要な画像処理を選択できます。

エッジ検出 ブロブ検出 エリア検出 円検出 1Dコードリーダー 2Dコードリーダー アナログメーター読み取り 数字認識

ユーザビリティを追及したUIにより簡単に画像解析を実現

Vision Editionは必要な処理ユニットを並べて行き、線でつなぐというフローチャート形式でプログラムを組んでいきます。特殊なプログラム言語を必要とせず、直感的なUIなので、熟練者でなくても誰でも簡単に使用できます。

使用イメージ

Vision Edition-Cはキヤノン製ネットワークカメラを使用した画像処理も行うことができます。COBOTTAの制御と画像処理を組み合わせると、例えばモニター画面を画像処理して、その結果に応じてCOBOTTAを動かすといったこともできます。

ネットワークカメラがCOBOTTAと連動し、画像処理を行う。

活用例

配列作業の自動化

部品仕分け・タブレット操作の自動化

ユニット操作動画

下記リンクをクリックください。