IDカードプリンターICカードの種類と特長を比較する

ICカードの種類と特長を比較する
導入のご相談・見積へ

おもなICカードの種類

社員証や学生証でICカードの導入を検討する際に重要なICカード自体の種類。国内の企業、教育団体や自治体で選ばれているおもなICカードをご紹介します。

FeliCa(フェリカ)

おもな仕様

FeliCa
素材
PVC(塩化ビニール)
PET-G
サイズ
85.6 x 54.0mm
厚さ:0.76mm ±0.08mm
(JIS 規格準拠 JIS X6301:2005)

FeliCa(フェリカ)は、交通系カードや電子マネーなどの規格として日本国内で最も普及している規格です。
FeliCaには、大きく「FeliCa Standard」と「FeliCa Lite-S」の2種類があります。

FeliCaカードの価格は、Mifareと比較すると割高です。特にFeliCa Standardは、高レベルで暗号対応しており、1次発行・2次発行などのエンコード費用が発生するためカード発行コストが高くなります。

IDmについて

FeliCa(フェリカ)のIDmとは製造工程でICチップに記録される8バイト(16桁)の固有の製造番号です。
ICカードのオープンエリアに書き込まれており、IDカードの入退室管理システムや勤怠管理システムなどでは、このIDmを認証キーとして利用されるケースもあります。

  •  
  • IDmだけを使った認証は、エミュレーǿなどによる「なりすまし」のリスクがあるため、セキュリティーが要求される業務(入退室管理など)では、「鍵有り認証」を利用していくことを推奨しています。

Mifere(マイフェア)

おもな仕様

Mifere
素材
PVC(塩化ビニール)
サイズ
85.6 x 54.0mm
厚さ:0.76mm ±0.08mm
(JIS 規格準拠 ISO-14443)

Mifare(マイフェア)は、非接触型ICカードの国際通信規格(ISO14443)として標準化され、FeliCaに比べ圧倒的に安価のため、世界的に最も多く採用され普及しています。
暗号機能を最小限にとどめ低機能化、大量生産により圧倒的な低価格を実現しています。
Mifareカード自体の製造番号のことを「UID」と言います。

UIDについて

Mifare(マイフェア)のUIDとは、Unique Identificationの略でMifareカード固有の製造番号です。ICカードのオープンエリアに書き込まれており、IDカードの入退室管理システムや勤怠管理システムなどでは、このUIDを認証キーとして利用されるケースもあります。

ICカードの種類をコストと特長で比較

FeliCaとMifareのどちらを採用するか、ICカードの選び方をコストと特長で比較します。

  FeliCa Standard FeliCa Lite-S Mifare
製造番号 IDm(16桁) UID(8桁)
セキュリティーレベル
システム拡張性
運用の容易性
カード単価(500枚場合) 高価(約880円~) 安価(約330円~) 安価(約300円~)
おもな用途 セキュリティーカード・社員証・学生証など 社員証・学生証・会員証など セキュリティーカード・社員証・学生証など

オススメのICカードは?選び方のポイントは2つ

ICカードを導入するときは、「ICカードの作成」と「ICカードの活用」を視野に入れて将来的な拡張と作成コストを意識しながら決定することをオススメします。

ICカードを選ぶときの外せないポイント

  1. 使用したいシステムがFeliCaとMifareのどちらに対応しているか?
  2. ICカードを頻繁に発行するか?

雇用流動性が高い企業やICカードの発行コストを抑えたい場合は、ICカード作成単価が安価なMifareカードをおすすめします。

ICカードの作成を考えている方、必見!ICカード導入検討ガイド 無料PDFをダウンロードする

お申込み完了後、メールにてダウンロードURLをお送りします。

「ICカードのお役立ち情報」トップページに戻る

あわせて確認したい記事

おすすめコンテンツ

このページのトップへ