ワンランク上の写真画質 プレミアム6色ハイブリッドインク

新開発の6色インクを採用。
光沢紙における色域が拡大しました。
また新色フォトブルーインクにより明度の高い
青~白色領域での粒状感が低減。
美しくなめらかな画像を描き出します。

6色インクについて詳しく

新インク搭載により発色性が向上

光沢紙における発色性が向上。風景写真などで、より自然で鮮やかな写真プリントを実現します。

点線部分の赤領域が拡大

キヤノン写真用紙・光沢 ゴールド
印刷品位:きれいモード ※キヤノン独自測定

BCI-371と新インクの比較イメージ

新色フォトブルーインクにより粒状感が低減。

BCI-371と新インクの比較イメージ
新色フォトブルーインクにより、明度の高い青色〜白色領域で粒状感が少なくなり、より美しく繊細な仕上がりに。

高画質プリントを気軽に 低ランニングコスト

現ラインアップの他機種と比べた時の
プリントコストに注目。
大容量インクや独立インクタンクなどを
使い分けることで、高画質でありながら、
より効率的にプリント枚数を重ねることが
可能です。

低ランニングコストについて詳しく

XK70でフチなし写真をプリントした場合

L判サイズ 大容量の場合 約12.5円(税別)※1 標準容量の場合 約14.8円(税別)※1 A4サイズ 大容量の場合 約73.6円(税別)※1 標準容量の場合 約78.8円(税別)※1

TS8230でフチなし写真をプリントした場合

L判サイズ 標準容量の場合 約19.4円(税別)※1 A4サイズ 標準容量の場合 約93.8円(税別)※1

※1 キヤノン写真用紙・光沢 ゴールド使用時のインク・用紙合計コスト。
測定原稿や測定方法などの詳細は、XK70の製品サイトを
ご確認ください。

プリントコストシミュレーション

L判写真を1日1枚印刷すればTS8230と比較して5年間でインク代が約12,592円オトクです。

PIXUSフラッグシップにふさわしい プレミアムデザイン

「プリンターの枠にはまらない、プレミアムコンパクト」という設計思想を掲げ、開発の初期段階からデザイン、設計、企画などの各担当者が連携。外観のデザインだけでなく、新しいエンジンの開発や各パーツのサイズ、レイアウトの調整など、内部構造から見直した。美しさにも使いやすさにも、一切妥協をすることなく開発したXK シリーズには、プリンターのリーディングカンパニーとしての譲れない想いが込められている。

どこから見ても美しいプロダクトを

XKシリーズの新モデルであるXK80のデザインコンセプトは、機能を積層するデザイン。カセットやタッチパネル、スキャナー、エンジンなど、それぞれを“機能の箱”としてとらえ、水平垂直を基調に積み重ねることでソリッドなスクエア形状を構築した。美しく輝くメタリックシルバーのヘアラインフェイスを全体に施し、天板にはロゴを刻印。サイドはフロアを映し込むミラー処理を行い、液晶を引き締めるブラックフレームと合わせてコンパクトに見えるデザインを徹底。天板の厚みを0.1mm単位で調整しながらバランスを検証し、インテリアとしてもふさわしいシンプルながら高級感のあるたたずまいをめざした。

PIXUS XKシリーズの共通機能

NEW PIXUS XK80

PIXUS XK80をさらに詳しく

PIXUS XK70

PIXUS XK70をさらに詳しく

他のモデルと比較したい方は・・・

機能一覧・比較表をチェック