キヤノン製デジタルカメラにおけるPTP(画像転送プロトコル)通信機能およびファームウエアアップデート機能の脆弱性について

情報掲載日:2019年8月6日
キヤノン株式会社
キヤノンマーケティングジャパン株式会社

平素よりキヤノン製品をご愛用いただきまして誠にありがとうございます。

海外のセキュリティー調査機関によりキヤノン製デジタルカメラが実装しているPTP(画像転送プロトコル)通信とファームウエアアップデートに関する脆弱性が指摘されました。

本脆弱性は、ネットワークを介して第三者に乗っ取られたPCやスマートフォンなどのモバイル端末にカメラを接続することにより、カメラが攻撃を受ける可能性があるというものです。

現時点で本脆弱性を利用したカメラへの被害は確認されておりませんが、PC、モバイル端末とカメラを接続する際、本脆弱性による攻撃を回避し、安心してカメラをお使いいただくための方法をご案内します。

対象製品

本脆弱性は、EOSシリーズ(デジタル一眼レフカメラ/ミラーレスカメラ)および、一部のコンパクトデジタルカメラが対象となります。

安心してカメラをお使いいただくために

本脆弱性は、PCやスマートフォンなどのモバイル端末がネットワークを介して第三者に乗っ取られてしまうことにより、カメラが攻撃を受ける可能性があるというものですが、より安心してお使いいただくために、以下の点にご注意ください。

今後の対応について

外出先のフリーWi-Fiなど、お客さま自身がセキュリティーの安全性を確認できない場所で、PC/モバイル端末が使用されるケースが増加しています。又、カメラからのモバイル端末へ画像の転送は、Wi-Fi接続が主流となってきており、Wi-Fi機能を持つ以下の製品につきましては、ファームアップを進めてまいります。

ファームウエアアップデート対応予定製品一覧

ファーム修正の準備が出来た製品から順次ご案内します。
下記一覧で、対応状況が○のものが、ファームウエアアップデートの対応が可能です。下記製品名を選択するとファームウエアのダウンロードページへ切り替わります。

製品名 対応状況 製品名 対応状況
EOS-1D X ※1 ※2   EOS 8000D  
EOS-1D X Mark II ※1 ※2   EOS 9000D  
EOS-1D C ※1 ※2   EOS Kiss X80  
EOS 5D MARK III ※1   EOS Kiss X90  
EOS 5D MARK IV ※1   EOS R  
EOS 5Ds ※1   EOS RP  
EOS 5Ds R ※1   EOS M2  
EOS 6D   EOS M3  
EOS 6D MARK II   EOS M5  
EOS 7D MARK II ※1   EOS M6  
EOS 70 D   EOS M10  
EOS 80 D Ver.1.0.3以降 EOS M100  
EOS Kiss X8i   EOS Kiss M  
EOS Kiss X9i   PowerShot G5X MarkII  
EOS Kiss X9   PowerShot SX70 HS  
EOS Kiss X10   PowerShot SX740 HS  

対応状況は、○:対応済、-:準備中となります。

戻る
このページのトップへ