プリンターを選ぶ ~大判プリンター選びのポイント~

通常より遥かに大きく印刷できる大判プリンターだからこそ、最適な機種を選ぶために知っておきたいポイントがあります。ここでは、インクの種類や色数、サイズなど、大判プリンター選びのポイントを紹介します。

インクの種類・色数

キヤノンの大判インクジェットプリンターには、顔料インクを搭載したモデルと、染料インクを搭載したモデルがあります。
用途や目的に合わせて、最適なモデルを選んで頂くことが出来ます。

サンプル[顔料インク・染料インク]

制作物 顔料インク 染料インク
ポスター(社内掲示)
ポスター(店頭)
タペストリー・のぼり
電飾看板

顔料インク「LUCIA EX」/「LUCIA」 対候性に優れ、活用範囲の広さからポスター、POPに適する

顔料インクは染料インクに比べて光や水の影響を抑え色褪せが少ないので、中長期掲示するポスターや店頭掲示物に適しています。また、対応するメディア種類が幅広く、電飾看板に使われるフィルムや、のぼり・垂れ幕のようなクロスにも印刷が出来るため、活用範囲が広くなっています。さらにLUCIA PROインクでは、マイクロカプセル化された色材により、コート紙で発色性が向上しています。

染料インク 短期屋内掲示物に適する

文字や線の印字に優れた染顔料モデル。社内掲示物などにおすすめです。

最大用紙サイズを見る

最大用紙サイズ

用紙サイズによって選択するモデルが決定します。交通広告で良く使用されるB0/B1サイズからA2サイズまで、幅広いサイズに対応するのもキヤノンの大判インクジェットプリンターの特長です。

用紙サイズについて

カット紙

A列、B列の用紙は、あらかじめ既定のサイズにカットされています。裁断の手間をかけることなく、規定サイズのフレームやスタンドにセットすることができます。紙のサイズは大きく、A列、B列の2つの系統がよく利用されています。サイズを表すには、「A4」「B5」のように、アルファベットと数字の組み合わせで表記されます。A、Bは用紙の縦横比、数字は大きさを表します。A0を半分にするとA1、A1をさらに半分にするとA2と、数字が大きくなるほど、紙のサイズは小さくなります。

A列

A列は世界規格の用紙サイズです。A2は新聞の1面、A1は新聞見開き、A4はビジネス資料として用いられています。ポスターであれば、A1かA2が標準的です。

B列

A列より一回り大きな用紙サイズで、日本の国内で多く利用されています。B0、B1、B2は駅貼のポスター、B3(横置き)は車内吊りでよく用いられています。ポスターなら、B1かB2が標準的です。

ロール紙

ロール紙は、巻き物のように筒に巻かれた長い用紙です。必要な長さに切って使用しますので、横断幕や垂れ幕などの長いバナーに利用できます。またA列、B列の用紙としても使用できます。

紙の長さは自由に裁断できるので、横幅のサイズで選びます。1ロールあたりの長さは用紙により12m~60mとなっています。通常の用紙(光沢紙、コート紙、普通紙など)のほか、フィルム、クロス、ポンジなどさまざまな素材が用意されています。

最大用紙サイズ