Canonが教える写真のコト カメラ初心者教室

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
menu

映画のようにハイクオリティな動画が手軽に撮れる。
一眼「動画」撮影のポイント

一眼で撮った写真は、キレイに背景がボケていたり、暗いところが昼間のように明るく撮れたり、感動的な仕上がりになりますよね。実は一眼では、そんな「一眼画質」を写真だけでなく、動画でも味わうことができるんです。何気ない風景も一眼で動画にすることで映画のような映像に。
いくつかのポイントを知っておくだけで、だれでもプロのような美しい動画が撮影できるようになります。この記事では、一眼で撮影する動画の世界を覗いてみましょう。

一眼で撮影する動画の良いところ

動画撮影をしたことがあるという方のほとんどは、スマホでのムービー撮影ではないでしょうか。一眼を使っての動画撮影は、ビデオカメラと比べてもより手軽であり、それなのに映画のようなハイクオリティな映像が撮れるというバランスが魅力です。「スマホで十分」という方にも、「スマホで満足できない」という方にも知ってほしい、一眼で撮影した動画の良いところをご紹介します。

一眼写真のボケ味がそのまま動画に

写真のような美しいボケ味を出した動画のワンシーン

一眼レフやミラーレスカメラといった一眼で撮影した写真は、スマホに比べて背景などのボケ味の美しさが一つの特徴。そんな一眼で動画を撮影すると、写真のときの美しいボケ味をそのまま動画にも活かすことができます。このボケ味が、映画のような映像になる秘密の一つです。

ISO感度を調整して、暗い場所でもしっかり撮れる

暗所で撮影した動画のワンシーン

スマホのムービーは、暗い場所では撮影しにくいですよね。一眼なら光を取りこむ度合いを調整できる「ISO感度」を高く設定できるから、暗い場所での撮影がスマホよりも得意です。

レンズを替えれば撮影の可能性が広がる

一眼の良いところは、なんといってもレンズ交換ができること。動画撮影のときも、もちろんレンズを取り替えて楽しむことができるので、例えば遠くの小鳥を撮ったり、花に留まった蝶に接近して動画に残すことができます。
(→レンズの種類と選び方

ズームしても美しい

ズームレンズで撮影した動画のワンシーン

動画撮影の際、ぜひ試してほしいレンズは、「望遠ズームレンズ」。光学ズームという方法で拡大するので、スマホのようにズームした際の画質の低下がありません。美しい画質のまま、被写体を大きく写しだすことができるのです。

一眼動画撮影の際に気をつけたいポイント

動画を撮影するにあたって、気をつけたいポイントがいくつかあります。満足できる一眼動画撮影のために、しっかり確認しておきましょう。

メモリーカードは容量たっぷりなものを

動画撮影時は、写真撮影時に比べて余裕をもった保存容量のメモリーカードが必要です。1GBで約15分の撮影ができると覚えておくといいでしょう。予備のメモリーカードも携帯すると良いですね。

バッテリーの替えを準備しよう

動画撮影は写真撮影に比べてバッテリー消費が激しいため、バッテリーの替えを携帯しておきましょう。バッテリーの持ち時間はカメラの機種によって変わってきますので、写真よりも動画撮影メインでカメラを使いたい場合は、バッテリーの持ち時間も購入時のチェックポイントです。

動画撮影に役立つアクセサリーを手に入れよう

一眼なら、音もしっかり取り込んで動画撮影ができます。しかし、動画を撮影するためのビデオカメラと比べたら、音の収集が少し苦手な機種も。別売りのアクセサリーマイクを使ってよりクリアな音の世界を体感しましょう。
また、カメラ本体を左右上下に動かすことができる三脚なども、より安定した動画撮影のためにオススメです。カスタマイズして楽しんでみてください。

動画撮影なら、音や雰囲気までキレイに残せる

まるで映画のようなハイクオリティな動画撮影ができる一眼。自分や友人、家族を主人公に、臨場感や雰囲気をたっぷり感じられる動画で思い出を残してみてください。一人でゆっくりと、あるいはみんなでワイワイ観賞会をするのも良いですね。何気ない日常のワンシーンが、手軽に撮ったとは思えない映像で映し出されるはずです。

  • 記事をツイートツイート
  • 記事をシェア記事をシェア
  • 記事を送る記事を送る