プリントコストを
抑えたい方におすすめ!
Gシリーズの活用事例

店内POPの工夫で、お客の注目度が上昇!
ニーズを掴む最適な訴求で、売上アップ!

飲食

バル

用途
  • POP
  • シール・ラベル
  • メニュー

POINT

  • メニュー専用の写真入りPOPで売り上げアップ!
  • 初心者でも美しい質感の料理POPが簡単につくれる
  • 印刷頻度が増えたものの、いまだインク切れなし!

※この事例は2021年1月に取材したものです。

FAXの送受信もできる
オールインプリンターが◎

日本酒の発注業務でFAXを使うことから当店では現在、FAX付きの複合機G7030を導入しています。メニューやPOPの印刷といった日常使いに加え、昨年は各種提出書類などで印刷頻度や枚数が増えたこともあり、思い切ってギガタンク搭載のG7030に買い替えて良かったと思います。それにG7030ならば、これまで常にストックしておかなければならなかった予備インクも不要。インク残量が一目でわかるので、ストレスを感じることもありません。

レジ横に設置されたG7030。コンパクトで置き場所を選ばず、インク切れの心配もなくなったという

壁面POPでメニューをPR
1カ月でその効果を実感!

G7030を使ってみて以前より、印刷物の画質が良くなったと喜んでいたところ、キヤノンが無料オンラインセミナーを配信していることを知りました。早速、視聴してみましたが、特に第3回の「注文されるPOPとは?」は感銘を受けるところが多かったですね。これまで当店は壁面POPによるアピールをほとんどしていなかったのですが、これは真似したいと思いました(笑)。それで当店でも、写真入りのPOPを作ってみることにしたんです。写真入りPOPにしたのはグランドメニューの中から、来店されたら必ず食べてもらいたい、と思っていた「ウニとろ」。ご注文いただいたお客様には好評なのですが、出数は少なめでした。料理は新鮮なウニとトロにこだわっているので、用紙も光沢紙を利用しましたが、質感までしっかり表現できたので、初めてにしてはよくできたと自画自賛しています。実際に掲示してみると、お客様の反応がとても良かったので、他のメニューでも作成することにしました。

立川駅に近く人通りも多い立地のため、1階の店舗入り口にPOPを掲示して来店をアピール

ビジュアル重視のPOPで
視覚からお客にアピール!

続いておすすめメニューの中にまとめて掲載していた「ロッシーニ」専用POPを作成しました。これは1日5食限定メニューなので、とにかく高級感と特別感を演出したかった。そこで、濃紺の地紋に、ゴールドを差し色として使いました。また、A4用紙の半分以上を写真が占めるように大きく配置して、ビジュアル面からお客様へアピールする工夫もしています。掲示場所も、来店されたお客様が最初に目にする場所を意識して貼り出しました。POPを掲示してからは完売までのペースが明らかに早まっています。注文できなかったお客様も「次は必ず食べる」と言ってくれているので、リピートにもつながっていると思います。

新酒紹介はテキストメインで
わかりやすさを優先して作成

当店は日本酒にこだわっており、毎月100本ぐらいの新酒を入荷しています。そのため、POPを見ればどんなお酒なのかが伝わるように、わかりやすさを優先してテキストの情報を多めにしています。今回は普通紙のほかに黄色紙でもプリントしましたが、今後はお客様の反応を見ながら用紙も含めて工夫していきたいです。

お客からの高評価を得て、
メニューの刷新を検討中

POPはお客様にも大変好評です。新酒のオススメも一目でわかりますし、視覚でどんなメニューかが伝わるというのは、想像以上に有益だと実感しました。POPを作成するようになって印刷頻度は増えましたが、まだインク切れを起こしていません。これならコストを気にせずどんどんプリントできます。お帰りの際にメニューをお渡しすれば、テイクアウトやデリバリー需要の拡大も狙えるかもしれませんね。あと、スマホでプリントできるのも良いです。自宅作業でもデータを移しておけば出勤後にプリントできるので、時間を効率的に使えます。今後は空き時間を利用して、写真を取り入れたメニューに徐々に変えていきたいと思います。

「データをPCに移動することなく直接スマホからプリントできるので、利便性が格段に向上した」と、加藤さんも満足気

店内のPOP掲示場所を工夫し、注文数のコントロールを実感!

今回は酒瓶をレイアウトの一部に使用している場所に、新酒や限定メニューの短冊POPは掲示しました。理由ですが、ここは店内でも結構目立つので、お客様の目にも入りやすいかなと思ったんです。すると、通常なら3週間ぐらいはご提供できる新酒の限定販が、POPの効果もあって2週間で完売しました。このことから注文数はこちらでコントロールできるとわかったので、今後はPOPや掲示場所をより工夫していきたいです。

飲食店の客単価UPにつながる! 〜印刷物からの経営改革〜

※Vol.2・Vol.3の講座のご視聴には、キヤノンオンラインショップへのご登録が必要となります。ご登録は無料です。

※この記事は飲食店情報サイト「ぐるなび」の情報を元にした事例です(2021年2月現在)

肉バル&魚バル KATSUO 立川店

肉バル&魚バル KATSUO 立川店

〒190-0023 東京都立川市柴崎町3-10-5 FMビル2F
TEL:050-5487-1265
営業時間:15:00~24:00(L.O.22:45、ドリンクL.O.23:30)
テイクアウトは〜23:00(L.O.22:30)
定休日:不定休

オススメモデルのご紹介。

写真入り壁面POPで
売り上げ効果アップ!
特大容量ギガタンク搭載複合機

G7030
  • 一度の補充で大量のプリントが可能!「ギガタンク」
  • 経費削減に貢献する「低ランニングコスト」
  • 業務をよりスピーディーに「FAX&ADF搭載」
  • CANON iMAGE GATEWAYご登録で「2年間の無償保証」

こちらのモデルも
オススメします。

G6030

G6030

コストダウン&マルチニーズ
特大容量タンク搭載
スタンダード複合機。

GM4030

GM4030

モノクロ大量印刷に。
特大容量タンク搭載複合機。

その他の使い方を見る

レーザープリンターを
お探しの方はこちら

高耐久性能と充実の保守サービスを
お求めの方は、こちらがオススメ。

Satera LBP

レーザービームプリンターをお求めの方へ

Satera MFP

レーザー複合機をお求めの方へ